失敗しない動画制作会社選びのポイントまとめ

動画制作会社

自分がどのような動画を作りたいのかを、まず固めることが大事です。スマホやパソコン、その中のアプリソフトさえあれば、自分で作る事もできる動画ですが、それをプロに依頼するということは、機材やアイデア、センス、人員、オリジナリティなどに期待をして依頼をするという事だと思います。人物を使いたい場合、役者の方を使うことができる会社に依頼する必要があり、アニメーションを利用したいのであればアニメ制作ができる会社に依頼する必要があります。失敗しない動画制作会社を選ぶには、まず何をしたいのかを考える必要があります。そのためにまずは戦略を考える、戦略を考えて行けばどのようなアプローチが効果的なのかを考える糸口になります。なんかいい感じのものを作ってと言われても、それが当たる可能性は非常に低いです。

動画制作会社への信頼をどこで判断するか

動画に関わらず、日本の社会は信用の社会です。実績という面もありますが、それだけでなく費用や計画を明確に提示するという点は非常に重要です。費用とその内容を明確にするためには、どのような内容を制作するのかを話し合うことが必要になります。そのためにはお互いが明確な提案をする必要があります。ここで動画制作会社側がこちらの希望に沿った提案をしてくれれば、信用度合いも上がります。また制作している現場をいちいち管理しなくても、制作会社が自主的に窓口を設けて、進行度合いなどの話をしてくれる会社であるのかも大切です。いつのまにかできました、では途中変更が難しくなる可能性もあります。プロセスごとに連携を取り確認をしあえるような体制をお互いに取ることができる窓口を設けている会社を選ぶことも大切です。

動画制作会社の作品を見て考えること

動画制作会社に素晴らしい実績があるとしても、自分達の要望に応えてもらえるのかは別の問題です。金銭面についてはもちろんですが、制作期間や内容、なによりセンスです。同じ画像、似たような画像でも、微妙な違いというものはなぜかあります。ここは個人的な感覚の差異でもありますが、是非一度公式サイトや作品を見てみることをおすすめします。動画は会社や商品、もしくはイベントなど様々なものをPRすることを目的にしていている事がほとんどです。提案力にも繋がりますが、適切にPRしたい相手に届けるにはマーケティング能力も必要になります。そしてPRしたいものに沿ったセンスを持っている必要もあります。何もかもがスタイリッシュであればいいわけではなく、高額であれば必ず合うとも限らないので、ぜひ候補に挙がっている会社の作品を見て参考にしてほしいです。