ニーズにマッチした動画制作会社の見分け方

動画制作会社

動画制作会社に動画制作を依頼する際にどこの会社に依頼しようか悩むかと思いますが、ポイントを抑える事で選びやすくなります。まず必要なのは動画をなぜ作りたいのか目的を定める事です。サービスや商品の販売促進や自社のサービス紹介など様々な目的があるかと思います。目的が定まらない場合は現状を含めて相談できる製作会社を選ぶのがポイントです。制作依頼の最優先事項を確認する事も必要です。製作費や制作期間など、目的に対して制作費用を抑えて欲しいや、製作期間を最短期間でお願いしたいなどです。製作費用の予算に限りのある場合は、作業に入る前に製作会社に伝えておく必要があります。費用や納期、修正発生の時の対応方法なども確認して備える必要があります。さらにもしもの時を考え、費用負担や修正期間など確認出来る事はもしもの時の事も確認する事をオススメします。

動画制作会社に依頼をする場合どのポイントとは

動画制作会社に制作依頼をする場合は打合せなどで細かく希望内容を伝え、予算内に制作してもらう必要があります。一般的な制作会社では機材費や人件費などに多く費用がかかってしまい、簡単な動画などでも高額となってしまい、中小企業などにとって映像制作のハードルが上がってしまいます。最低限の少人数で対応してくれる制作会社であれば人件費や機材費用も最小限に抑える事が可能となります。依頼をする時には具体的なイメージが出来上がっていなくても相談に乗ってくれるような制作会社を選ぶのがオススメです。制作の際は一般的に各工程に対応する人材を確保する必要がり人件費が高額となってしまいますが、制作作業も最小限で対応している制作会社にお願いすれば、制作期間も通常より短めにでき、人件費も節約できます。

動画制作会社を選ぶ時に注意するポイントとは

近年動画制作や動画の需要が増大しており、動画制作会社もどんどん増えて来ています。そんな中、実体の存在しない会社であっても動画制作業界では提案などをする事が可能となります。受注ができればフリーの脚本家やクリエイター、カメラマンなどをプロジェクトに引き込む事でタイミングが合えば短い納期や深夜などでも対応してくれます。この場合、シリーズ化などになると品質のばらつきが出たり、納品後の修正が困難な場合があります。制作イメージが固まっている場合CGやアニメに強い制作会社なら、アイコン制作やBGMなどのセンスが必要で、撮影や映像に強い制作会社なら現場でのドラマ発見やストーリーの立て方がポイントとなります。要望にあった動画を数多く提案してもらう事で、理想に近い動画を作る事ができるかと思います。